Monthly Archives: 3月 2016

アフターピルによる避妊失敗のリスクはあるのか

一般的にコンドーム等の方法と比べて、アフターピルによる避妊失敗のリスクは非常に低いものであると言われています。と言いますのもコンドームの場合の失敗リスクは大体6パーセント程にもなりますが、アフターピルを使った場合の失敗リスクは非常に低く、1パーセントにも満たないと言われているからです。しかしやはり100パーセント完璧な避妊方法などこの世には存在しないので、優秀な避妊方法であるアフターピルにも当然少しは避妊失敗リスクがあります。それでは具体的にどのような失敗事例があるのでしょうか。
まず一番多いのが、決められた時間内に服用しなかったことによる避妊失敗です。アフターピルというのは厳格な服用の時間制限がされており、セックスが終わった後の72時間以内に服用しなければ避妊効果は期待出来ないと言われています。なので医者にピルを処方してもらう際にも、大抵の利用者は医者から口ずっぱく服用時間を守るようにと言われているはずなのです。しかしそうであるにも関わらず服用時間を守らずに結局は妊娠してしまったという話もよく聞かれることなのです。しかし逆に言えばアフターピルによる失敗のほとんどが、決められた服用時間内に服用しなかったことにより起こるもので、服用時間さえしっかりと守ればまず避妊出来ないということはないのです。流石避妊成功率99パーセント以上を誇るだけあります。
それからこれも稀にですが、アフターピルと間違えて違う薬を飲んでしまったことによる避妊失敗の例もあります。アフターピルはとにかく市販の風邪薬等にそっくりですので、稀に間違えて飲んでしまう人がいるのです。しかしこれも通常は余程慌てていない限りはこのようなことは起こりませんので、やはりアフターピルを服用することによって得られる避妊効果は非常に高いものであるということが言えます。