Monthly Archives: 2月 2015

わかりやすいピルのシート

ピルはもともと避妊のために開発された薬です。
現在では避妊のみならず、月経痛の緩和や月経痛の治療にも使われることがあります。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンというふたつの女性ホルモンが含まれています。
その組み合わせで排卵が起こらない状態にすることによって、避妊などの効果を得ることができます。
安全性も確立されており、心臓病など特別に大きな病気がなければ安心して服用することができます。
一般的な服用方法は4週間を1サイクルとするものです。
月経の初日から毎日1錠ずつ、できるだけ同じ時間帯に飲みます。
それを3週間続けて、次の1週間は薬を休みます。
休んだときに消退出血と呼ばれる月経のような出血が起こります。
またピルには24錠タイプと28錠タイプがあり、複数の種類が各製薬会社から発売されています。
28錠タイプは、薬を休んでいる間にプラセボと呼ばれる偽の薬を飲むことで、次のシートへ移る時の飲み忘れを防ぎます。
製薬会社ごとにシートのデザインが異なるので、飲む順番や薬を休む期間がわかりやすいピルのシートを選ぶと良いでしょう。
ピルの値段ですが、保険適用外医薬品のため、ピルの種類や医療機関によって異なります。
ジェネリックは若干低めに価格設定がされているようです。
平均すると1シートにつき1500から3000円が相場のようです。