Monthly Archives: 1月 2015

アフターピルの夜間処方

世の中には、望まない妊娠をしてしまう女性も多くいます。
避妊に失敗したり、性交渉を強要されたりした結果、望まない妊娠をするケースが多いです。
そのような女性のために処方されるのが、アフターピルと呼ばれている緊急避妊薬です。

アフターピルを服用すると、排卵が止められます。
排卵が起こらなくなれば、女性の体内に入った精子が卵子と結びつくことはなくなります。
つまり、妊娠しなくなるわけです。

また、既に排卵が起こっていて、精子と卵子とが結びついて受精卵になったとしても、アフターピルは効果を発揮します。
服用することで、その受精卵は子宮内に着床しづらくなるのです。
着床しなければ、やはり妊娠には至りません。

このようにアフターピルには、望まない妊娠を回避するための高い効果があるのです。
基本的には婦人科系のクリニックで、診療時間内に処方されます。
しかし産婦人科クリニックでは、夜間に産気づいた妊婦に対処するために、夜間診療もおこなっていることがあります。
そのようなクリニックでは、アフターピルの夜間処方も可能です。
アフターピルは性交渉後72時間以内の服用が望ましいとされています。
早めに服用するために、夜間処方を可能とするクリニックに深夜などに行く女性は多くいます。

アフターピルの服用・ヤッペ法

従来は、アフターピルの服用は、ヤッペ法と呼ばれている方法でおこなわれていました。
ヤッペ法とは、アフターピルを複数回服用するという方法です。
まずは、性交渉での避妊の失敗後から72時間以内に服用します。
そしてその後12時間経過してから、もう一度服用します。
医師によっては3回分を処方することもあります。

なぜ複数回服用する必要があるのかというと、緊急避妊の成功率を高めるためです。
アフターピルは服用することで排卵をストップさせることができますが、効果が出始めるまでに間に合わず、排卵がおこなわれてしまうこともあります。
そのような場合、排卵によって受精卵ができてしまうことがあります。
その受精卵の着床をストップさせるために、2回目や3回目の服用が必要となるのです。

しかし次の服用までに12時間も間隔があるため、ついうっかり服用を忘れてしまう人もいます。
すると、1回目の服用で避妊効果が出ていれば良いですが、出ていなかった場合に、妊娠する可能性が出てきます。

そのため昨今では、1回の服用で効果を発揮する強力なアフターピルが処方されるようになってきました。
ヤッペ法よりも高い確率で緊急避妊を成功させることができるため、2011年の厚生労働省による承認以来、需要が高まっています。

アフターピルの服用・LNG法

アフターピルの服用方法は大きく2つあります。
それが、レボノルゲストレルという緊急避妊専用薬を使用した「LNG法」と中用量ピルを通常よりも多く服用する「ヤッペ法」と呼ばれるものです。

LNG法の場合は、性行為後72時間以内にレボノルゲストレルを服用するのが理想的ですが、120時間以内の服用であれば避妊に有効な可能性があるとされています。
緊急避妊を目的としている場合に、病院で処方されるのはこのタイプが一般的です。

一方のヤッペ法は、決まった時間に2回、中用量ピルを服用するという方法です。
性交後72時間以内に服用し、さらにその12時間後に同じ量を再度服用することが避妊効果を期待することが出来ます。

いずれの場合も、避妊が成功した場合には出血が見られます。
出血が始まるまでの日数としては、排卵前であれば服用後5日前後、排卵後であれば3週間以内が目安となります。
この期間内に出血が始まらないという場合には、妊娠検査薬を使用することで妊娠の判定をすることが出来ます。

LNG法は従来のヤッペ法に比べて、副作用が圧倒的に少なく、飲み間違いや飲み忘れが無いことから最近ではLNG法を採用するケースも多くなっているようです。