アフターピル服用後の消退出血とは?飲酒はNG?

アフターピルとは緊急避妊薬のことで、性行為中の避妊が失敗した時や妊娠を望まないときに緊急的に服用していきます。通常なら性行為があってから72時間以内の服用がベスト、その時間が早ければ早いほど避妊効果は高くなっていきます。逆に性行為からの経過時間が大きくなればなるほど、妊娠する可能性が高まっていくので注意が必要です。一般的にアフターピルは先にも述べたように72時間以内の服用が適していますが、その時間を越してからでも処方はしてもらえます。ただ、やはりその効果は完璧ではないので、できることならアフターピル以外での避妊を徹底しておきたいものです。
アフターピルを服用するとその数日後に消退出血といって、生理に似た出血が起こります。消退出血は子宮内の内膜組織や血液がピルの影響によって剥がれ落ちていくものです。早い人であればアフターピルを服用してから約3日後に、遅い人であれば2週間から3週間後にこの消退出血があります。この症状が起こればひとまず妊娠は避けられたことになるのですが、念のために妊娠検査薬で確認していくことをおすすめします。ごくまれではありますが、アフターピル服用後の消退出血と、ピルの副作用である不正出血とを間違えるケースもあるのでこの確認は徹底しておきましょう。
アフターピルの服用時、お酒は飲んでもいいものなのかと不安に感じる人もいるかもしれません。結論から言うと、ピルを服用したからといってお酒を控える必要は一切ありません。アフターピルの効果がお酒によって変化することはまずありませんし、むしろストレスをより少なくするという面で人によっては積極的に取り入れていくこともあるでしょう。もちろん、ピルの服用後は副作用の症状が出たり、体が疲れやすくなっているケースもあるので無理はいけません。ただ、だからといって食事面、飲酒の面で制限が出ることもないのです。