アフターピルヤスミンは子宮内膜症の進行を食い止める?

皆さんは、アフターピルを服用することに不安を感じていませんか?長年にわたって服用すると、ガンのリスクが高まるといった話を耳にするたび、不安になるのではないでしょうか。アフターピルは、ご存知のように、緊急避妊剤として素晴らしい効果を発揮します。特に、第四世代ピルとよばれるヤスミンは、従来のものに見られた副作用を大幅に軽減することに成功しました。例えば、アフターピルを服用した際に起きる吐き気、一時的な体調不良、体重増加、肌荒れなどが挙げられます。これだけの副作用が軽減されただけでも、女性にとっては安心なのではないでしょうか。一時の緊急避妊が目的ではなく、通常、ヤスミンをはじめとする低用量ピルは、不妊治療や生理不順、月経困難症の改善にも用いられます。また、ヤスミンなどの低用量ピルは子宮内膜症の治療や改善に一役かっています。子宮内膜症とは、本来子宮内部にのみ存在する粘膜細胞が、全く別の場所で増殖してしまうというものです。この原因ははっきり分かっていませんが、発症すると、生理痛よりもはるかに強い痛みを感じます。ピルは、本来月経をコントロールしたり、排卵を止めてしまう働きがありますが、ピルを服用することによって、ホルモンの分泌がコントロールされると、子宮内膜が厚くなることを防ぎます。その結果、子宮内膜症になるのを予防したり、進行を食い止めたり、痛みを和らげたりすることが可能なのです。治療などの為、長期的にピルを服用しなければならないのにも関わらず、吐き気や腹痛等の副作用がでて、なかなか進まない方もいらっしゃいます。そんな方は、ヤスミンのような第四世代と言われる副作用の少ないものがおすすめです。まずは医師に相談し、自分に一番あったお薬を選びましょう。